DIYでバリアフリー

Share on Facebook

身内からなのですが、住宅内で怪我の原因や、生活に支障のある部分の改善を頼まれました。
年齢による身体能力の衰えで、今まで問題にならなかった事が、大きく問題になっていました。

・部屋の敷居の段差で躓く事が多く、怪我の原因になった事もある。
・トイレの手すり設置。狭い空間で、座る、立つの作業をする事に苦労がある。

今回は、これらをDIYで解決しました。

これは私の考えですけど、自分で出来る事があるってのは楽しい生活に繋がると思っています。
ちょっとした作業で、一人で歩き、生活できるという事に繋がれば、それは高齢者にとって、ただ何でもやってあげるより、良いのではないかと思っています。
その為のカタチを作る作業は、もちろん必要になりますけど、DIYでの手直しや、家電や道具の使いこなしで、解決に繋がる事も多いと考えています。

段差解消

段差を解消する為に、一番簡単にスロープを設置しました。
これはホームセンターで購入したものを、付属の両面テープで貼り付けただけです。
ネジは今後を考えて付けていないのですが、今のところは問題なさそうです。

別の場所では、今までケーブルを床にテープで貼っており、汚い状態になっていました。
また、当然ながらそのままではスロープを付けられません。

ケーブルの経路を変えるのも一つの方法だったのですが、予算が激増するので、スロープと高さが近いモールと組み合わせることで解決しました。

また、敷居の引戸を設置する下の部分が傷んでいたのでこれも修正。
痛んだ引戸スベリテープを剥がし、ウッドエポキシで凸凹になった部分を平らにした後で、新しいテープを貼り付けました。

 

トイレの手すり

当初は、手すり金具と棒のキットの取り付けで考えていましたが、間柱の位置や面積に不安があった為、耐久性も考えて手すりベース板を用いる方法で考えました。

まずは、その手すりベース板の制作。
触れても怪我をしないようにヤスリで磨いて、その後でウレタンニスを3回重ねて塗りました。
手すりベース板としてもホームセンターで売っていますが、デザイン性とコストの問題で、今回は自分で作りました。

しっかり乾いた後で、トイレの壁の間柱の位置を慎重に調べて、がっしりと取り付けます。
間柱の位置を調べるのには、測定器を用います。
間柱が無い部分にネジをつけても、石膏ボードではボロっと取れてしまうだけなので、どこにでも付けられるというわけではありません。
特に、今回はかなりの体重が加わることを考慮する必要があります。

最後に、手すりの金具と棒を付けました。
金具は様々な種類から選ぶこともできますが、今回は金具と棒がセットになっている材料を選びました。
長い手すりを付けるケースでないなら、セットでも価格はさほど変わりません。

取り付け後、さっそく試してもらいましたけど、気に入って貰えた様子でした。

タグ: DIY

Comments are closed.