DIYでエクステリアをリフォームする。その11「ウッドバーニングで看板作り」

Share on Facebook

お店の看板を作ろうと思います。
独自性を出すために、ウッドバーニングを使って、書いてみようと思いつきました。

ウッドバーニングは、ハンダゴテのような製品で、電熱ペンを利用して書いています。
さまざまな種類のペン先を利用して、木に焼きを入れて、濃淡と独特の味わいを出す事ができます。
今回は、1万円ほどで購入し、3時間ぐらいの練習をして、看板制作に入りました。


これが、看板になる予定の木です。ホームセンターで、3000円ぐらいでした。


まずは、サンダーを使って、表面の凹凸を減らす努力をしました。
練習した感じでは、凹凸があると、そこで電熱ペンが止まって点が出来てしまったので、それを軽減する為です。


プリンターで原案を打ち出しました。
これを元に、写し紙を使って、木に書いていきます。


トレーシングペーパーです。これが適正かは解りませんが、この類のものを使います。
黒いほうを、木に押し付けて、ボールペンで軽くなぞりました。


木に原案が書かれました。


今回は、平坦な文字の原稿なので、思いつきで塗り方をアレンジして書いています。
元が写真作品などの場合は、にらめっこしながら、雰囲気を付けていけば、様になると思います。


とりあえず形になりました。
これに、外で飾るためのクリアやニスなどの処置をして、完成となる予定です。

タグ: エクステリア

Comments are closed.